北砂2丁目だい整形外科|リハビリテーション・リウマチ

お問い合わせ

当クリニックのリハビリテーションについて

当クリニックのリハビリテーション科は「ご自身で動く運動療法」を中心に行っています

当クリニックに受診される患者様は、動きにくさや痛み、しびれなどの訴えが多く聞かれます。そのなかでも「痛み」の訴えがもっとも多いです。

「痛み」の原因の一つとして動き方の影響があると考えています。長時間の同一姿勢や反復的な動作によって「動き」に変化が生じます(動き方のクセが生じる)。
北砂2丁目だい整形外科
当クリニックのリハビリテーションでは、理学療法士により患者様の状態を評価し、個別治療を行い「動き」の改善を図ります。この「動き」の変化に対しては患者様の協力が必要不可欠です。

そのため、当クリニックの治療では受け身の治療ではなく「ご自身で動く運動療法」を中心に行っていきます。患者様の症状に合わせた適切な運動療法を行うことで「動き」の改善から、本来の動きやすい身体の再獲得、痛みの改善、症状の増悪予防を図っていきます。

リハビリテーションの流れ

1、医師の診察
医師がリハビリテーションを必要と判断すると、リハビリテーションの指示がでます。当院では理学療法士の治療を予約制で行っています。日程を調整し、予約をお取り頂きます。物理療法の利用は予約制ではないので診療時間内であればお好きな時に利用することができます。
リハビリ当日
2、問診
問診
診察前に症状や、受傷機転など、リハビリテーションを進めるにあたって必要な情報を聴取していきます。
話を掘り下げていくと過去のお怪我や治療中のご病気、生活習慣などにより症状の原因につながる情報が必ず見つかります。
3、評価、分析
評価、分析
問診で得た情報をもとに、症状の原因となる『動き』を評価していきます。症状の出ている部位だけではなく全身的に評価を行っていき問題点を抽出していきます。
問題点を正確に特定できなければ、的外れな治療をしてしまいます。そのため、初回はお時間を頂き、しっかりと評価していきます。
4、治療
治療
原因を特定できたら、治療をしていきます。マッサージなどを行うのでなく、『動き』を変えるためにストレッチや筋トレを行ったあと、必ずご自身で動く運動療法を行っていきます。
5、効果判定と自主トレーニングの説明
効果判定と自主トレーニングの説明
治療前と治療後での『動き』の変化や痛みの度合いなどの効果判定を行います。治療結果から症状の原因について理学療法士の見解をご説明いたします。
 また、必要に応じて自主トレーニング方法を指導させていただきます。治療効果を長持ちさせるためにご自宅でもケアを行っていただくことが重要になります。
お疲れ様でした!
北砂2丁目だい整形外科荻野院長
お問合せはTEL: 03-6666-0193
北砂2丁目だい整形外科